熱のこもった言葉たちを紹介


by earpick

死ぬ気でやれよ、死なないから。

あるときは、すべてをかけて全身全霊で取り組む必要がある。仕事でも勉強でも。 

先のことなど何も期待しない。何もいらない。すべて犠牲にできる。死んでもいい。ただ目の前のことに結果を出す。文字通りすべてをかけて。 

そのとき、人間は、例えば睡魔さえ感じない。例えば3日間、休みなく集中しっぱなしにも耐えられる。数ヶ月笑えなくても耐えられる。歯を食いしばれば苦痛さえ感じない。 

そういう気持ちでしか突破できない壁がある。その気持ちになって突破できない壁はない。 

死ぬ気でやっている奴に勝てる奴はいない。どんなに実力があるものでも、命をかけているものに対して勝てることはない。相打ちはありえても。 

死ぬ気、それは本気。必要なのはこれだけだ。どうしても欲しいと思えるかどうかだ。 

その時期を経て、人は悟りの境地に入る。 

結果にこだわるエネルギーさえ無駄である。心をアツクするエネルギーさえ無駄である。感情がブレる原因はすべて排除すべし。 

自分にできることは、ただ一つ。淡々と自分の本気を出すのみ。淡々とフルスロットルで自分のベストで突っ込むのみ。それしかない。
[PR]
by earpick | 2005-05-07 22:52